住まいの簡単メンテナンスガイド Guarantee & Support

住まいは大切な財産です。日頃からていねいにお手入れし、早めの補修を行うことで、その価値を高く保ち続けることができます。ここでは、ご自身でできる簡単なメンテナンス方法をご紹介します。
住まいの簡単メンテナンス動画を見る
建具(ドア)
よくある症状/開閉を繰り返すことにより、ドアと枠に隙間ができたり、擦れたりする事があります。丁番の調整により改善することができます。又、扉の開閉を繰り返すことで錠のかかりが悪くなったり、扉がガタつくことがあります。
ドアが床、又は上枠に当たる場合
ドアを閉めた状態にし、ドア下部の丁番の上部キャップ➀を外します。
上下調整ネジがあるので回して、床や枠へ当たらない位置へ上下の調整を行います。
扉と枠に隙間ができる又は擦れてしまう場合
丁番の調整固定ネジ➁を緩めます。
枠に擦れる場合は左右調整ネジ➂を、扉が斜めになってる場合には前後調整ネジ➃にて位置を調整します。
扉の締りが悪いまたは、ガタつく場合
取り付けネジ➄を緩め、扉の締まり具合を確認しながら左右を調整します。
建具(引戸)
よくある症状/開閉を繰り返すことで、引戸と枠に隙間ができたり、擦れたりすることがあります。戸車の調整を行うことで改善することができます。
レールに擦れている場合
扉の下部にある戸車の上下調整ネジ➀にて調整を行います。
引戸が枠に擦れる場合
扉の下部にある左右調整ネジ➁にて調整を行います。
扉の下部の左右調整ネジ➁にて調整を行った場合には、扉が斜めにならないように上部の左右調整ネジ➂の調整も行います。
建具(下駄箱・キッチン扉)
よくある症状/開閉を繰り返すことにより、扉に隙間ができたり、擦れたりすることがあります。スライド丁番の調整により改善することができます。
扉同士がぶつかる、または隙間が空きすぎている場合
左右調整ネジ➀を調整することで改善することができます。
扉がズレている、または扉が斜めになっている場合
前後調整ネジ➁を調整することで改善することができます。
建具(下駄箱・キッチン扉)
よくある症状/開閉を繰り返すことにより、扉に隙間ができたり、擦れたりすることがあります。スライド丁番の調整により改善することができます。
扉同士がぶつかる、または隙間が空きすぎている場合
左右調整ネジ➀を調整することで改善することができます。
扉がズレている、または扉が斜めになっている場合
前後調整ネジ➁を調整することで改善することができます。
網戸
よくある症状/網戸を閉めた時に上下で隙間ができてしまうことがあります。戸車の高さを調整することによりスムーズに網戸を開閉することができます。また、網戸がレールから外れたり、外れやすくなる事があります。外れ止めの調整を行うことにより改善されます。
網戸の上下に隙間ができてしまうとき
調整ネジ➀を右に回すことで網戸が上がり、左に回すことで下げることができます。網戸を水平にすることでスムーズに開閉できます。
網戸が外れやすいときに
網戸の上部にある外れ止め部品のネジ②を緩めます。
はずれ止め③を上げ網戸が外れにくくなるように調整します。
玄関ドア
よくある症状/開閉を繰り返すことにより、閉まるスピードが速くなってしまう事があります。ドアクローザーのスピード調整ネジにより改善することができます。
閉まるスピードが早くなってしまったときに
ドアクローザーのスピード調整には2区間があるので2区間の中で症状が出ている場所を確認します。
対象区間の調整ネジ➀~➁を症状に合わせて調整を行います。また、回しすぎると故障の原因になるので左右46度以内で調整します。
温度や湿度の変化によりクロスに隙間ができることがあります。コーキング剤を使う事で隙間を充塡することができます。
クロスに隙間ができてしまった場合
コーキング剤を用意し、隙間に沿うようにしてゆっくり充塡します。
出しすぎた場合には、タオルで拭き取ります。
住まいの簡単メンテナンス動画を見る お問合せ・修理依頼はこちら お問合せ・修理依頼はこちら