新年のお祝い 和の小物

| コメント(0) | トラックバック(0)


◇◆明けましておめでとうございます◇◆

元日より、皆様にご挨拶出来ます事を大変うれしく思います。

 

食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。 


お正月はゆっくりご家族で皆様お過ごしでしょうか。

お正月と言えば、おせち料理を頂きますが、

我が家も朝7時から頂きました。


これからでも新年会に使える、

和の手作り小物アイテムをご紹介します。

  IMG_8294.png


新年らしさを出すには、

テーブルコーディネートでお伝えしている色にアレ!!です。

色に、こだわってみましょう。


新年の色は、

赤・白・緑・ゴールドです。


アイテムは、

水引がとっても、とってもオススメですよ。

100円ショップで買えます。


ワインカップ.png


その他としては、世界の宝にユネスコ無形文化財の

和紙を箸袋として用いてもいいですよね。

箸袋の作り方


我が家のお正月もご紹介しておりますので、

ぜひこちらもご覧頂けたら嬉しいです。


今年も1年、沢山の笑顔が食卓から生まれるといいですね☆



コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ 【生活美人日誌】

 http://ameblo.jp/perthsuger/



食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

今年もいよいよラスト1か月!!

ご家族とお友達と一番盛り上がるクリスマスシーズンですね。


クリスマスアイテムの飾り付けは、どんな感じでしょうか。

どんなとは・・・?


テイストで言うと、どんな感じですか?

テイスト・・・、テイストはというより、好きな物を適当に飾ってました。


という方が、ほとんどですよね。

お洋服やアクセサリーを組み合わせる時、

どこへ誰と、そしてどんな場所に合わせてコーディネートを考えますよね。


インテリア・テーブルコーディネートも好きな物を、適当に並べているだけでは、

なんだかまとまりのないコーディネートで終わってしまいます。


素敵♪にしたいとお考えでしたら、

まずは計画を立てましょうね。

①テイストを決める(ミックススタイルでも可)

②カラーを決める(3色以内)

この計画は、まとまりを生むための必須項目です。


私は

①ナチュラルエレガントにしよう!と思います。

②ホワイト、ゴールド、ブラウン

で計画してみようと思います。


ナチュラルは自然的。穏やかなイメージ(お子様のいらっしゃるご家庭では、取り入れやすいですね)

エレガントは、優雅なイメージ。輝いた印象(クリスマスのキラキラ感を表現)


我が家のクリスマスツリーや、リースは

まさに、このテイストです。

2340490.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

ツリー自体は、ブラックのアイアンです。デザインはデコラティブですので、

オーナメントは自然素材や、シンプルなガラスを飾っています。


IMG_8193.JPGのサムネイル画像

照明に照らされ、壁に映った影も素敵ですよ。


リースは自然素材に、ゴールドの塗装がされています。

IMG_8195.JPG


色味は少なく、でもキラキラを取り入れたコーディネートです。


キャンドルも、自然素材を使った白樺キャンドルも合いそう♪

こんな素敵なキャンドルを囲んで、パーティーをしたいと思います。

l_201409051738500258872[1].jpg

キャンドルはペガサスキャンドルさんが、種類、品質でおススメです。

http://www.candleworld.co.jp/item/detail.php?id=3192


 

クリスマスは1年で1番、華やかなイベントです。

沢山のご家庭で心温まる思い出が、生まれますように。





コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ 【生活美人日誌】

 http://ameblo.jp/perthsuger/


食空間・インテリアコーディネーター鈴木 亜希です。

特に秋は運動会、遠足、文化祭・・・と子供の成長に合せて、

行事が目白押しです。

 

我が家も行事が沢山ありましたので、

日中の穏やかな気候のこの時期は、

レジャーシート、食べ物を持参して

近所の公園でゆっくり過ごす事にしています。

 

レッスンでもご紹介しておりますが、

オシャレママにお勧めのプラスティック容器をご紹介します。

本来はパーティーグッズですが、

ピクニックでも利用価値大のプラスティック容器です。

 

・DUNI

http://store.shopping.yahoo.co.jp/duni/cupglass.html

 

プラスティックのアミューズカップや、シャンパングラス、デザートカップがお勧めです。

 

・KINTO

http://www.kinto-shop.com/SHOP/23143.html

 

ガラスを思わせる、美しいカットデザインのプラスティックアイテムです。

どちらもオンラインで購入可能で便利!


コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希


ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

 


こんにちは、食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

季節も彩を増し、秋の気配がどんどん近づいてきましたね。

皆様はどのように過ごされましたか?


秋は行楽シーズンですね。

学校の遠足、運動会があったり、

ご家族でのお出掛けや、ハロウィンパーティーをされたりの時期です。


子供の保育園では、栗拾いやお芋掘りもあり、

実りの秋もご家族で感じることが出来ますね。


ご自宅の飾り付けも、秋を感じるカラーやアイテムで模様変えを楽しまれてはいかがでしょう。


テーブルコーディネートやインテリアの楽しみ方は、

ファッションに通じるということです。

季節に応じて、TPOに応じて、

カラー、素材、デザインを変えていきますよね。


 インテリアを考えるのも同じです。

①素材 × ②色 = 【秋】を感じるインテリアにヒントになりますね。

ここからは、実例紹介です。


①素材は、温かみを感じるもの。

 ファーやフェルトなんていいですね。

 素材をインテリアに取り込むとしたら・・・カーテン!クッションカバー、ラグカーペット、ファブリックアート。

 カーテンは金額も張りますので、

 まずは、クッションカバーからトライしてみましょう。

 トレンドを取り入れたモダンインテリアは、こちらがおすすめです。


http://www.boconcept.com/ja-jp/accessories/textiles/textiles/basic-cushions/453/

                                      By BoConcept



②色は、黒や茶が混ざった落ちついた色味になります。

イエローやオレンジも、紅葉シーズンをイメージして頂くと、

黒や茶が混じってませんか。

インテリアショップで探さなくても、

生地屋さんでテーブルクロスや、

花屋さんで植物、または公園!?で、

スーパー食べ物でこの色を見つける事が出来そうです。

こちらの秋を感じるテーブルコーディネートいかがでしょうか。

http://ameblo.jp/perthsuger/entry-11922251084.html



ご自宅で季節を身近に感じ、

ご家族での毎日が実りあるものになりますように♪

  


 

コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希


ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

 

こんにちは、食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

あっという間に夏休みも終わってしまいましたね。

皆様はどのように過ごされましたか?

 

我が家は毎年恒例、キャンプです。

山梨の標高700mm付近でのキャンプは、朝晩は過ごしやすく、

昼間は川遊びを楽しみ、さわやかに過ごしました。

 

9月に入り山へ出掛ければ、徐々に秋の気配を感じる時期になります。

今月は山キャンプへ出掛ける予定もあります。

キャンプもオシャレに!

キャンプに使えるインテリア♪アイテムをご紹介いたします。

 

①フラッグ

 我が家は、手作りしたオンリーワンフラッグ。

  私が裁断した布を、実家でミシンを借りパパが縫って、完成!!

http://ameblo.jp/perthsuger/entry-11843700169.html


 テントの色とコーディネートしたり、飾り付けを楽しんでみましょう。

 

 thCA9P065I.jpg

 

 

 

②ガーランドライト

自分たちのテントも見つけやすい!!

明かりはムードを盛り上げるアイテムですよね。コールマンのミニランタンランプです。

thCA328YME.jpg2000013164[1].jpg

 

 

③ウッド食器

同じメニューでも、紙皿に盛りつけるより断然美味しそう。ゆっくりゆっくり一滴ずつ、ドリップした味も格別。

 thCABWZOKJ.jpgthCAQRE0AR.jpg

 

 

④籐の籠、ポット

使う程に味の出るアイテムですよね。

 thCAG810J1.jpgthCAVYPNW8.jpg

 

普段、自然に囲まれた生活から離れている分、

テントを張り、自炊する・・・

家族や仲間との共同作業が、素敵な想い出に変わりますよね。

 

キャンプ用品を全部貸し出しキャンプ場も増えてきました。

手ぶらでキャンプも流行っていますよ。

本日ご紹介したインテリア♪アイテムはキャンプだけではなく、

普段から使えるアイテムでもあります。

キャンプ用品は、ひとまず借りても、インテリア♪アイテムを持って行けば、

オリジナリティが出てオシャレ度もアップ!!

 

行楽シーズン、たくさんの思い出が増えるといいですね。

 

コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希


ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/



こんにちは、食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

お子様がいらっしゃる方は、

夏休みに入り、大変にぎやかな毎日をお過ごしではないでしょうか。


我が家といえば、

歌いながら♪夏休みの宿題をやる娘と、

肩をを並べながらPCワークをしている私。

夏休みの毎日の光景となっております。


朝から暑い~、昼間は出歩きたくな~い毎日。

学校も休みなら、

夕方からお友達と集まる夕食会が恒例となります。


○○ちゃん、○子ちゃん、□くん・・・みんな呼びたいと始まり、

大人だけでなく、

子供も集まると、

たくさんの人数になります。

テーブルには6人までしか座れないし、椅子もないし・・・。

やはり呼べない人も出てきます。


でも待ってください!!


子供たちは床にレジャシートを敷けば、

ピクニック♪気分で楽しめます。


みんなが着席しダイニングテーブルを囲んで、

必ずしも食べなくても、いいのではないでしょうか。

 

ダイニングテーブルを壁側に寄せて、

ブッフェ台にしてみましょう。

DSC07105.JPG(BEFOR)

 

 

対面キッチンにカウンターがあれば、

そのカウンターもブッフェ台になりますね。

DSC07116.JPGDSC07125.JPG(AFTER)

 

みんなで持ち寄ったフードやドリンクを、

ブッフェ台に置けば、

ゲストの好きなタイミングで飲食出来る利点もあります。

 

ゴミ箱もトレイを載せれば、ドリンク置き場にもあります。

DSC07110.JPG

 

なかなか家具のレイアウトまで変えて

ホームパーティーをしてみようとは、思いつかないもしれませんが、

こんなアイデアでワイワイ賑やかなホームパーティが実現するんですよ。

 

キンキンに冷えたスパークリングやビールを片手に、

暑気払いパーティーしてみましょう。

 

 


 

コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希


ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

 

 

食空間・インテリアコーディネーターAKIです。

今日から7月!ですが、はっきりしない天候が続いていますね。

関東ではゲリラ雷雨が続き、被害も相当です。

 

不安定な天候は、人の気持ちも左右しますよね。

気持ちの安定を保ったり、リセットの仕方は人それぞれ色々な方法がありますよね。

 

今月ご紹介するお話は、

家族と囲む日常で再現できる方法です。

 

6月の夏至に全国、世界で開催される

キャンドルナイト

をご存知でしょうか?

震災後、電力の供給が不安定だった地域にお住まいの方々もいらっしゃったと思います。

 

宵待ちあかりセット

                                      ペガサスキャンドル様 HPより

 

キャンドル卓紹介ブログ: http://www.candleworld.co.jp/taku/

オンラシンショップ: ペガサスキャンドル

 

節電やエコの観点から、住宅で使用する電力を抑えるという事として取り組む方もいれば、

私の場合は、キャンドルのゆらめきをじっと見つめ、

気持ちを落ち着かせる為に、

日常的にキャンドルナイトを実践しています。

 

特にお子様(3歳~)がいらっしゃる方にオススメです!!

キャンドル(火)は危ないから・・・、もちろん危ないです。

危ないことを教えてあげる機会にもなります。

 

夕食が済んだら、

照明器具をひとつ消してみてください。

そして、テーブルにキャンドル置き火を灯す。

 

火の周りに人は集まってきます。

 

自然と話す声も小さくなり、

 

TVも消したくなります。

 

じ~っと灯火を眺めながら、

 

家族が語らい始めると思います。

Candle-Holder-For-Dinner-Table[1].jpgのサムネイル画像

パパ「なんか落ち着くなぁ~、あ~今週忙しかったよ」

ママ「ほんとね、いつもお仕事お疲れ様」

娘「○○ちゃんと、明日は仲直りしよう!」

パパ「何?喧嘩してたのか~」

・・・・

走り回っていた子供達も、キャンドルを見つめながら、静かになります(本当です)

 

あかりは、お料理をしたり、本を読んだりと必要不可欠な役割と

体内リズム、気持ちのリズムを整えてくる役割があります。

 

住宅にあかりを取り入れるには、

太陽の動き方そして、色に着目する事がヒントになります。

自然の流れに身を任せるという事です。

 

目が覚める時は、太陽の光(電球の色は、さわやかな白)が目覚めを良くしてくれます。

反対に眠りに入る時は、夕日の色(電球の色は、温かみのあるオレンジ)が気持ちを落ち着かせてくれます。

 

キャンドルや、スタンドも高い位置に置くより、

太陽が沈んでいくのと同じように、

低い位置へあかりを移動させてあげます。

 

arne_0007a00042[1].jpg003_048[1].jpg

 

 

電気を消して早くねなさ~いと言うのではなく、

 寝室へ移動する前のリビングから、

あかりを操ることで、体内リズムを落ち着かせてあげてください。

 

アロマキャンドルであれば、

お好きな香りも楽しめますね。

 

 

コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

 

 

 

 

 

 

今日から6月。

梅雨の時期は、これからだというのに・・・すでに暑い!!

 

せめて、お家の中だけでも居心地良くしたいですよね。

 インテリアやテーブルコーディネートの視点から、

「居心地良く」とは、

どういうことが思い浮かびますか?

 

季節に合わせて、装いも変わるように、

インテリアも季節の合わせて変えてみませんか。

 

この時期は【涼を感じる】を意識してみると、

外はジメジメ、

でもお家の中は涼しげな印象に変わります。

 

①素材に着目

涼を感じる素材といえば、目で感じる【涼】と、触れて感じる【涼】に分かれます。

目で感じる【涼】: 麻・薄手のレース・ガラス

触れて感じる【涼】: 石・ガラス

 

②色に注目

色には寒色と暖色と呼ばれる色があります。

寒色: 青・緑・グレー・真っ白

暖色: 赤・オレンジ・黄色

 

 インテリアを考えるには、

①素材 × ②色 = 【涼】を感じるインテリアにヒントになりますね。

ここからは、実例紹介です。

 

 

◇食空間(インテリア+テーブルコーディネート)

「HANABI 」鑑賞をする為のテーブルコーディネートですが、色はグリーンをベースにしています。

奥のカウンターにも、グリーンに色付けしたお水が花瓶に入っています。

テーブルの上だけの演出ではなく、テーブルを囲む風景も演出しました。

※2012 カリモク新横浜ショールームでの自身の展示作品。

 

t02200330_0333050012506862049[1].jpg

 

 

 

◇カーテン

風が吹いたときに、ふわぁとなるレースに着目です。

ブルーのレースの先に、海が広がっているように感じますよね。

麻の素材も、カーテンに使えます。

 

l_kflt101_n1[1].jpgSummer-new-arrival-font-b-cool-b-font-blue-white-screens-elegant-finished-products-shalian-font[1].jpgのサムネイル画像

 

  

◇グリーンインテリア

観葉植物を置くのも涼しさを感じますが、お手入れが苦手な方もいらっしゃると思います。

ファイクのグリーンの質も良くなってきているので、壁を彩るインテリアを作ってみてはいかがでしょう。

青りんごやライムのフェイクも、涼しげですね。

 11272242_5295f6cabaa4a[1].jpgのサムネイル画像71224.jpg

 

 

 

 

涼しそうと思える実例をご紹介しましたが、

なんとなく涼しそう~と思っていた物が、

①×②の掛け合わせだったんだ!と気付いてもらえましたか?

 

素敵と思う物、かわいいと思う物、カッコイイと思う物・・・は、

何気なく感じる事ではなく、

明確な掛け合わせが、そこには存在するということに気付いてもらえればと思います。

 

①色 ②素材 の他に、

③形(フォルム) ④イメージワードが、

共通の認識として存在するはずなんです。

 

【涼】を感じるインテリア

③形(フォルム): シャープ

④イメージワード:涼しげな、クリアな、風が抜けるような

 

〇〇風にインテリアを作りたいと思い浮かんだら、

①~④に当てはまる物選びをしてみてください。

まとまりのある〇〇風が、出来上がるはずです。

 

 

 

コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

こんにちは。

今日から5月です!!

4月は肌寒い日が多く、体調崩されていた方も多いのではないでしょうか。

春=ポカポカ陽気を感じる日が少なく、5月になってしまいましたね。

 

季節は気温を肌で感じたり、

普段目にする、草花から感じたりしますよね。

 

お家の中に、季節を感じるアイテムはございますか?

食で感じる事は、一番身近ですね。

男の子のお子さんがいらっつしゃれば、

もうすぐ「こどもの日=端午の節句」を迎えるご準備されていらっしゃいますね。

 

セッティングしたり、片付けたりは面倒な中、

5月人形や兜を飾って終わり・・・。

いえいえ、柏もち、粽も食べますよね。

 

子供の日とは?

何を食べるの?

を親としてキチンと子供に伝える役割もお忘れなく。

参考:子供向け 歳時記 

 http://kids.goo.ne.jp/seasonevent/may/1.html

 

さて、こどもの日を囲むテーブルコーディネートのお話ですが、

先月に引き続き、季節を表現する色を整理してみましょう。

「季節の色」とは、草花、食べ物から表現されることが多いので、

紫=あやめ

緑=菖蒲

藍色=「端午の節句」には、男児に藍色(あいいろ)の服を着せる風習が鎌倉時代に定着したそうです。

    藍色の別名「褐色(かちいろ)」が、「勝ち」に通じるとの縁起かつぎだったといいます。

IMG_6465.JPGIMG_6467.JPG

色は、紙や布で足すことが簡単ですね!

中央のグリーンのトレーに乗せてあるものは、

ルマンドのお菓子を、1本づつ和紙に包み、水引を結びました。

オシャレな手土産にもなります♪

 

皆さんも実践していらっしゃるファッションも2、3色でコーディネートするとスッキリな印象になりますよね。

テーブルコーディネートも、テーマに合わせた色合わせ(2、3色)を意識してみてください。

色ですよ~。

まずは色~季節の色を楽しみましょう。

 

 コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/

 

 


 

 

 

 

 

 

 

今日から4月!!

4月は新生活スタートで、

気持ちも場所も新規一転された方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

「春は張る」と昔は表現していたようで、

芽が張る(咲き始める)、そして、気持ちが張る(緊張した)の訪れを感じる季節です。

 

新生活スタートされた方は、「はじめまして」「お世話になります」のご挨拶をする時期ですね。

気になる人が出来たら、

「あなたとは仲良くなりたいと思っています。」

「あなたのことを大切に思いたいです。」

「私は、こんなことが好きです。」

「私のことも知って欲しいの。」

なんて、口では言えません(私は・・・)。

 

そんな気になる人が出来た時、

自宅に招き、

テーブルコーディネートで"おもてなし"をしてみては、いかがでしょう。

 

テーブルコーディネートはコミニケーションツールになるとお気づきですか。

言葉では言いにくいけど、

その人の為に表現したテーブルは、

思いやりを表し、人と人とを繋ぎます。

感情に入り込んだ想い出に変わります。

時間も共有することが出来る、

こらからの関係が良好~になるのがイメージできますよね。

テーブルコーディネートは、最高のコミニケーションツールなんです。

 

では、どんなテーブルコーディネートにしようかぁ?とワクワクしてきましたか。

 ~春のテーブルコーディネート~をご紹介致します。

春の色は(桃色、緑、白、黄色)で表現します。

これは、季節の食、草花から連想する色です。

草花を飾る、器、紙ナプキン、リボン、折り紙など素材は色々思い浮かびますね。

IMG_59.JPG

o0500033311982465779[1].jpg

 

 

奥様のお仲間をお招きするだけでなく、

ぜひ、お子様のお友達もお招きしてあげらたらと思います。

お子様が年中さん以上でしたら、

一緒にテーブルコーディネートも準備出来たらいいですよね。

りこ本.jpg

 親子で楽しむテーブルマナー本もございます。

娘はパパに、本から得た情報を沢山教えてあげてます。

家族が囲む食事が、より一層美味しく感じて頂けるようになればと思います。

 

 コラム執筆者◇

食空間・インテリアコーディネーター 鈴木亜希

ブログ http://ameblo.jp/perthsuger/