片付け上手になるための基本ステップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。

整理収納アドバイザーの伊藤朋美です。

今年の2月は記録的な積雪で

関東では未だ孤立している地域もあり

ライフラインなど、早急に復旧することを

ただただ祈るばかりです。

皆様お怪我などされませんでしたか?

 

さて、前回は「理想の暮らしをできるだけ

具体的にイメージすることが大切」

というお話をしましたが、皆様にとっての

「理想の暮らし」は明確になりましたか?

目標が決まったらそこに向かって進むだけです!

早速お片付けを開始しましょう!

 

【片付け上手になるためのステップ】

片付けが苦手な人ほど何冊も収納本を買う

傾向があります。

収納用品や収納テクニックに頼る前に

まず、一番良く使う場所1カ所から

はじめてみましょう!

ステップはたったの3つです。

 

1.全部出す

2.分ける

3.収める

 

例えばキッチンの一番良く使う引出し

↓からはじめます

図1.png

目安として「30分で片付きそう」

と思う場所を選んで下さい

 

1.全部出す

この引出しに入っているモノを全部出します

図2.jpg

この時のポイントは感情は一切無しにして

「今使っているモノ」と「今使っていないモノ」に

分けて出していきます。

良く使っている場所なので

「現在進行形」で考えましょう。

 

意外とたくさんの使っていないモノたちが

現れてきます

 

2.分ける

使っているモノは当然元に戻しますが

「使用頻度」「使用場所」「大きさ」など

自分のルールで結構ですので

仕分けしていきます

(例 ↓ )

図3.png

 

続いて使っていないモノに着目します。

もう使わないなと思ったモノは

迷わずゴミ箱へ直行です!

毎日は使っていないけれど

時々登場するモノがあった場合は

この引出しから移動させます。

(例えば1か月に1度しか使わない

お弁当作りグッツ↓)

図7.jpg 

お弁当を作る時に使うモノを

他の場所からも集めてきて

1つのかごにまとめます。

まとめることでお弁当作りがスムーズに

なるので「時短」に繋がります。

良く使うモノが入っている引出しに

置いておく必要なないので、キッチン後ろの

食器棚に移動しました↓

図5.jpg

(1か月に1度しか使わないモノなので

移動しても何ら支障はありません)

 

3.収める

2で仕分けしたモノ↓を引出に戻す作業です

 図3.jpg

 

丸い入れ物は収納力が低いので

出来るだけ四角い形のトレーで

区切っていきましょう

図4.jpg

仕切り板↑が可動式の収納がベストです

 

難しい技を使わなくてても

全部出して

使っていないモノをなくしただけで

こんなにスッキリしました↓

図6.png

 

欲張っていきなり大きな場所から取り組まず

まずは良く使っている小さな場所から

実践してみてくださいね!

***********************************
コラム執筆者
Re-style
代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ 

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ki-group.jp/mt/mt-tb.cgi/2471

コメントする

このブログ記事について

このページは、収納が2014年2月20日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わたしのための暮らしのアイデアスタート」です。

次のブログ記事は「キッチンはコックピット!理想は一歩も歩かず料理をする①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja