熊谷市で新築一戸建てを探すなら

ケイアイネットリアルティ3rd
ケイアイカーザスタイル熊谷

営業時間 / AM10:00~PM7:00(水曜定休)

熊谷市、深谷市、行田市で新築分譲住宅を探すなら、ケイアイネットリアルティ3rdへ。
「高品質」で「低価格」なデザイン住宅。住宅ローンや頭金、間取り、相場など失敗しないマイホームの探し方、無料でご相談可能です。
不動産売却&買い取りのご相談も承っております。スピード査定で対応致します。
キッズルームも完備のため、ご家族全員で、お気軽にご来店くださいませ。

店舗情報

ケイアイカーザスタイル熊谷
場所
〒360-0814
埼玉県熊谷市桜町2-9-43
TEL
048-599-0055
FAX
048-599-0056
MAIL
kumagaya@ki-group.co.jp
営業時間
AM10:00~PM7:00(水曜定休)
定休日
水曜日
熊谷市の観光ってどうなの?

熊谷市の観光として有名なお祭り「熊谷うちわ祭り」。毎年7月19日〜23日までの、全5日間にわたり行われる祇園祭です。もともとは町内各店が祭りの期間中に赤飯を炊いて疫病除けを祈願し、買物客に赤飯をふるまった事から、「熊谷の赤飯ふるまい」として評判となり、祭りの名物となりました。のちに赤飯の代わりに「うちわ」を出したところ、大評判となったため「熊谷うちわ祭」と呼ばれるようになりました。
祭りの見どころは何と言っても12基の山車・屋台が熊谷囃子を奏でながら繰り広げる「叩き合い」です。特に夕暮れから始まる市街地を巡行しながらの叩き合いは見ごたえがあり、東と西からそれぞれ合流してきた山車・屋台が、扇形となって叩き合いを行います。目の前で見ることができるので迫力も満点です。今や関東一の祇園として発展したこのお祭りは、国道17号線も通行止めとなり毎年大混雑となります。
また、もうひとつ有名な観光として、由緒ある歴史とその美しさから「日本さくら名所100選」に選定されている熊谷桜堤の「熊谷さくら祭」。江戸時代から桜の名所として知られる熊谷桜堤のさくら祭りは毎年4月上旬に開かれ、荒川沿いに約500本のソメイヨシノが2kmわたり桜のトンネルをつくり、多くの人々を魅了します。また、夜も18時から21時まで桜のライトアップをしているので、ご家族同士やお仕事帰りに同僚と、この時期だけの素敵なデートスポットとして夜桜も楽しめます。
※桜の開花状況により、催事期間や内容が変更となる場合がございます。

熊谷市の観光ってどうなの?
熊谷市のグルメって?

熊谷のグルメとして特に有名なのは「雪くま」。熊谷市と言えば夏の気温が高い地域としても知られており、「あついぞ!熊谷」という合言葉を使い地域全体で町おこしとして盛り上げている一環のひとつ。暑い夏を美味しいお水でつくった冷たいかき氷を食べて乗り切れるようにブランド化しました。雪くまとは、熊谷の美味しい水から作った氷を雪のようにふわふわに削り各店ごとのオリジナルシロップを使用したかき氷です。
雪くまとほかのかき氷との一番の違いは「食感」。昔ながらの削り方にしているため口の中に入れると「ふわっ」と、まるで淡雪を食べた時のように溶けてなくなります。
そして「雪くま」には3つの条件があり、【1】熊谷の美味しい水を使った氷でつくること。【2】氷の削り方にこだわり、昔ながらのふんわりとした雪のような食感であること。【3】各店で考えたオリジナルのシロップや食材を仕様すること。この条件を満たした市の認定を受けた店舗であり、市を通さずに勝手に名乗ることはできない。
JR熊谷駅から徒歩約20分・秩父鉄道上熊谷駅から徒歩約7分の距離にある「慈げん」や妻沼聖天様の境内にある甘味処「騎崎屋」など、店内でのんびりと過ごせる純和風なお店が人気です。シーズン中は行列が出来るほどで、市内外からも来店されます。駐車場のないお店もあるのでチェックしてから足を運んでみてくださいね。

熊谷市のグルメって?
都心へのアクセスがしやすい熊谷市

熊谷市は昔から交通の要衝として栄えてきました。
新幹線の停車駅でもあるJR熊谷駅は、高崎線・上越線・秩父鉄道線が走っているので、毎日多くの人が通勤や通学に利用しています。東京駅や上野駅へ乗り換えなしで行くことができるアクセスの良さから人気のエリアになっています。
また、新幹線を利用する人が多い熊谷市では、熊谷市に転入して新幹線を利用する40歳未満の方に月額最大2万円の新幹線定期の補助制度もあります。毎日の通勤時間の短縮できるので、都心部へ勤務している方にはうれしい制度です!
駅周辺にはアズ熊谷やティアラ21、ニットモールと3つの買い物施設が揃っています。食品売り場から日用雑貨、映画館も入っているので、お仕事帰りにも休日のお買い物にも大活躍です!

 都心へのアクセスがしやすい熊谷市