TOP » 【新築購入】決めての教訓
【新築購入】決めての教訓
~・~群馬県伊勢崎市・前橋市・高崎市・太田市での新築戸建・マンション・中古住宅、注文住宅~・~
~・~不動産のご相談は、住まいの相談窓口1stへ!~・~



こんばんは!
住まいの相談窓口1st(ファースト)の内山です。



新築購入するときに、家族であっても意見は分かれますよね。
自宅で話し合っていても、見学してみると細かい意見の
食い違いは誰にでもあります。

それぞれの意見や希望を叶えられる物件は、ゼロです。
中には、ピッタリの物件と出会える人もいます。
ですが、ほとんど難しいです。

そこで、物件や環境など、どこを優先にするか見学前に
決めての教訓を心得ておくと、物件選びがスムーズです。


物件見学.png


【物件】
後で変えにくい部分を確認してライフスタイルも考慮して
物件選びは、家族構成や生活スタイルによってまちまち。
一般論ではなく、自分たちによって何が重要かを
よく考えて取捨選択をしましょう。
この時に考慮したいのが、先々の変化です。
特に広さや間取りは、数年先の暮らしまで想像して
選ぶのが正解です。
室内の設備についても生活スタイル次第ですが、
後からつけられないものもあるので、事前に
すまいりぃ1120.png
よくチェックしましょう。


【立地】
実際にあるいて確認。
将来もよそうしておきましょう

最寄駅からの所要時間は坂道や信号待ちなどふくまないので、
購入前に実際に歩いて確認することが鉄則です。
その際、学校、スーパー、公園などをまわりながら、
住環境を体感してみましょう。
曜日や時間帯を変えて確認すれっばより確実です。
ただし、環境は入居後に代わる可能性もあり、
その場合は歩くだけでは確認することは難しいです。
販売スタッフに聞くなどして、出来るだけ将来を
予想した上で判断しましょう。

【資金計画】
自分の生活に合った余裕のあるプランを

家の購入は、住んだ後の快適で楽しい暮らしが目的です。
そのためには、自分にあった余裕のある返済プランを
立てることが必須です。頭金は多いほど住宅ローンの
負担は軽くなりますが、急な出費に対応できる資金は
残す事が大切です。
また、住宅ローンは低金利の変動型に目が行きがち
ですが、金利上昇で返済額が増えるリスクを忘れずに。
妻の退職や教育費の増加など、将来に起こりえる
ことを考慮する事も大切です。

住宅ローン.png


色々な行事が多いこの季節。
物件見学に使える時間も限りがありますよね!
新築購入の決め手のツボを押さえて、
よりよい物件を選んでください!

住まいの相談窓口1stは、あなたにピッタリの物件を
ご紹介しております!

相談、業者紹介、見積は全て無料です!

お気軽にご相談下さい!


~・~何度相談しても無料! 費用は一切かかりません!~・~
住まいの相談窓口 1st(ファースト)
ベイシア西部モール店内 西口すぐ
スタッフ:内山



最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー