TOP » 【設備】太陽光の設置ポイント
【設備】太陽光の設置ポイント
~・~群馬県伊勢崎市・前橋市・高崎市・太田市での新築戸建・マンション・中古住宅、注文住宅~・~
~・~不動産のご相談は、住まいの相談窓口1stへ!~・~




こんばんは!
住まいの相談窓口1st(ファースト)の内山です。

今日は、太陽光をご検討されているお客様のご自宅へ
伺い、業者さんの現地調査に同行しました。


電気代を全て太陽光で賄いたい。というご希望だった為、
10kw以上の太陽光を設置して、電気を全量売電する計画で
現地を確認しました。

一昨年ころは、電気の全量売電でメガソーラなど
いたる所で次々と設置されていましたが、今は
落ち着いている印象です。

一般家庭に全量売電を設置するときのポイントは?
皆さまご存知でしょうか?

〇屋根の形状
切妻や寄棟など、一般住宅に多くみられる屋根の形状は
必要面積が狭くなる為、方角と広さが重要になります。

屋根形状.png

〇家の方角
パネルに太陽が当たりやすい方角か。大変重要です。

〇周辺環境
設置する場所より高い建物がないか。
今は空き地だが、将来建物が建つ可能性があるか。
近隣に全量売電している家屋があるか。

太陽光.png

などなどです。

通常、私たちが目にしている電線は「送電用」です。
電力会社から各家庭に電気を「受け取る」線になっています。

売電する場合は、「売電用」の電線が必要になります。
各家庭から電力会社へ「届ける」線が必要です。

その電線は、東京電力が調べて、東京電力から請求が届きます。
すまいりぃ1120.png
一番近い売電用電線の場所を調べて、新たに設置する場所までの
電線の距離分の請求が届きます。

全量売電をする場合、この電線工事費が意外と盲点なんです。

屋根の形状や家の方角、周辺環境と一緒に事前に確認して、
資金計画を立てましょう。

業者へ確認を依頼するか、東京電力へ直接確認を!


住まいの相談窓口1stでは、太陽光のご相談、業者紹介、
お見積は、全て無料です。

お気軽にご相談、お問合せ下さい!
心よりお待ちしております!



~・~何度相談しても無料! 費用は一切かかりません!~・~
住まいの相談窓口 1st(ファースト)
ベイシア西部モール店内 西口すぐ
スタッフ:内山

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー