TOP » 【新築購入】将来のリスクで比較①
【新築購入】将来のリスクで比較①
~・~群馬県伊勢崎市・前橋市・高崎市・太田市での新築戸建・マンション・中古住宅、注文住宅~・~
~・~不動産のご相談は、住まいの相談窓口1stへ!~・~



こんばんは!
住まいの相談窓口1st(ファースト)の内山です。


さて、今日は「賃貸」vs「購入」を将来のリスクで比較してみたいと思います!

このまま賃貸に住み続けるか? それとも買うか?を検討する上で
ライフプランをまず考えましょう。
家族の成長や仕事のキャリアを考えたとき、起こりうる変化に対応しやすいのは
どちらなのか・・・?
また、予想外のリスクへの対応方法も知っておき、
将来をふまえた住まい選びをしていきましょう。

1)転勤になったら?
賃貸は気軽に引っ越し、購入なら「貸す」か「売る」
→転勤の場合、家族で引っ越すか単身赴任をするか考えておきましょう。
家族で引っ越す場合・・・
賃貸なら、初期費用と引っ越し費用だけで済みます。
買うなら、売却や賃貸に出しやすい物件選びが大切(駅近など)

2)家族構成が変わったら!?
賃貸は住み替えで対応。購入は部屋の使い方を考慮
→家族が増えた場合、賃貸は住み替えができますが、
3LDK以上の広い物件は相対的に少なく、選択肢が限られる可能性があります。
購入なら、今必要な部屋数より1部屋多い間取りを選んでおく方法や
将来リフォームして部屋数を増やす方法があります。
また、手狭になったら買い替えるという人は売りやすい物件を選びましょう。

3)収入が減ってしまったら?
賃貸は家賃の安い家へ転居。購入は資金計画に余裕を。
→賃貸は、家賃の安い家へ住み替えで対応ができます。
購入は、頭金を出来るだけ多くして、借入額を少なくして、
毎月の返済額が少なくなった分を貯蓄するなどの方法があります。
また、収入が減る場合、ボーナスが先に影響を受けることが
多いので「ボーナス時加算」は利用しない方が安心です。

リスク回避.png

今日は、自分たちの環境変化に伴ったリスクで比較をしてみました。
明日は「まさか」の出来事でリスクの比較をしていきます。

住まいの相談窓口1stでは、色々な角度からご相談をお受けいたします。
今度どんな環境変化があるのか、それも含めてご検討されることを
オススメ致します!

「購入」だけでなく「賃貸」のご相談もお受けできますので、
今日の様にリスクの比較をしてみて「賃貸!!!」という結果になった時も
住み替えのご紹介もできますので、お気軽にご来店下さい。


皆様のご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。


~・~何度相談しても無料! 費用は一切かかりません!~・~
住まいの相談窓口 1st(ファースト)
ベイシア西部モール店内 西口すぐ
スタッフ:内山
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー