TOP » 【新築購入】お金実用知識クイズ②
【新築購入】お金実用知識クイズ②
~・~群馬県伊勢崎市・前橋市・高崎市・太田市での新築戸建・マンション・中古住宅、注文住宅~・~
~・~不動産のご相談は、住まいの相談窓口1stへ!~・~



こんばんは!
住まいの相談窓口1st(ファースト)の内山です。

今日もお金の実用知識クイズです!

クイズ.png

住宅購入でローンや金利、税金など、買う前に避けては通れない
お金に関わる誤解や勘違いをクイズで解決しましょう!

〇第4問
購入時の諸費用は物件価格の何%?
A.1%~2%
B.3%~5%
C.6%~8%

答え: B.3%~5%

【諸費用は基本的に現金で用意しなくてはいけません】
家.png
物件価格とは別に必要となる諸費用。
新築物件の場合、税金や手数料などでおよそ物件の
3%~5%かかり、基本的には現金で用意します。
諸費用だけで100万円以上かかることもあるので、
事前に確認を。
諸費用も含めて、「頭金」を伝えることも大切です。

〇第5問
住宅ローンの返済方法は何種類?
A.1種類
B.2種類
C.3種類

答え: B.2種類

【毎回返済額が同じものと徐々に減少するものがあり】
受託ローンの返済方法は、
〇元利均等返済 と
〇元金均等返済 の2種類です。
元利均等返済は、返済額が毎月一定で、毎月の返済額に
閉める元金と利息の割合が変わます。
元金均等返済は、毎月元金を均等に返済する
方法で、最初に多く返済して徐々に利息分が減る分、
将来がラクになります。

〇第6問
金利が途中で変わる変動金利ローン。
金利の見直しタイミングは?すまい
すまいりぃ1120.png
A.毎月
B.半年ごと
C.5年ごと

答え: B.半年ごと

【金利は半年ごと、返済額は5年おきに見直される】
「変動型」ローンといっても、毎月の金利で返済額が
変わるわけではありません。
適用される金利の見直しが行われるのは半年ごと。
支払額の見直しは5年おきが一般的です。(例外あり)
金利が上がると毎月の返済額に占める利息の
比率が増えるので、その分、元金の減り方が遅くなります。


さて!
今日の結果はいかがでしたか?
正解できた問題はありましたか?

なんとなく理解していたけど・・・。と言う方は
大変多くいらっしゃいます。
正しい知識でより良い資金計画を!

明日は最終問題です!

~・~何度相談しても無料! 費用は一切かかりません!~・~
  住まいの相談窓口 1st(ファースト)
 ベイシア西部モール店内 西口すぐ
 スタッフ:内山

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー