TOP » 【新築購入】親からの援助(贈与)のアレコレ④
【新築購入】親からの援助(贈与)のアレコレ④
~・~群馬県伊勢崎市・前橋市・高崎市・太田市での新築戸建・マンション・中古住宅、注文住宅~・~
~・~不動産のご相談は、住まいの相談窓口1stへ!~・~


こんばんは!
住まいの相談窓口1st(ファースト)の内山です。


クリスマスを終え、一気に年末モードですね!
色々となんだか焦ります!

走る.png



さて、親からの援助(贈与)のアレコレ、第4弾です!


〇贈与後の兄弟姉妹関係は?

【兄弟3人とも親からの同額援助を受けました。
 親の気づかいのおかげでもめたりすることはなく
関係は良好】

【自分だけ贈与してもらったので、なんとなく気まずい】
資金計画2.png

【私の方が多くもらっていたことが分かり、姉が怒った】

【兄にいくらあげたか事前に親から聞いていたので、
 自分も兄にもらった事を報告した】

関係を良好に保つためには、互いに気づかいが必要

贈与をきっかけに兄弟姉妹で親の老後をサポートなどに
ついて話すなど、少し踏み込んだ話をしたケースも
見られました。援助の有無や金額の大小は思わぬ
行き違いを生むこともある。あげる時は公平に、
もらったときは隠さないなど、関係を良好に保つための
気づかいが必要なようだ。

〇もらってよかったこと、感じたことは?

【資金援助のおかげで、実家近くに買えた。
 今まで以上に孫の顔を見せてやりたい】

【親の贈与を私(妻)の頭金にしたので、それを私の
 持分にできた。少しではあるが自分の財産と呼べる
 ものができてうれしい】

【ワンランク上の物件が買えた】

【資金援助のおかげで子供の高校進学では私立を
 選択肢に入れる事ができた】

【自分も子供に援助してあげられるよう、貯金を
 しっかり頑張ろうと思った】

贈与をきっかけに親子の絆を再確認

「親のありがたさ」を実感したという声が多くありました。
モデルハウス見学.png
贈与をきっかけに、親の老後を強く意識したという声も。
将来、自分もわが子に資金援助できるよう貯蓄や家計管理を
意識した人も少なくなかった。
贈与は、子世帯が子や老いる親の将来を真剣に
考える機会になっているようです。


住宅の購入は、自分たちだけでなく家族も含めた
大きい買い物です。
購入をきっかけに多方面の将来を考える機会になります。

ぜひ参考にして下さい。


~・~何度相談しても無料! 費用は一切かかりません!~・~
住まいの相談窓口 1st(ファースト)
ベイシア西部モール店内 西口すぐ
スタッフ:内山

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー